エントリーNo.32作品

作品名 Peter Wentworth, Battle for Torifujiograd, Christmas Day, 25 Dec., 2884
(1/20)
by Lin.K

Ma.KのエクスポではSie Kommenジオラマも含めて全体の複雑さにこだわったので、今回は一つの模型のみ作り主に塗装を中心として細かい部分の仕上がりに力を入れました。
今回のコンセプトは冬季迷彩で、雪が積もる直前のシチュエーションです。ダークブラウンから白へのグラデーションにこだわり、ブルーマーキングでコントラストを付けました。
ベースはラッカーペイントで、ダークブラウンからグリーン、そしてオフホワイト、最後は白を塗り、次はエナメルペイント、仕上げにアクリルペイントでハイライトを入れて、天頂光源の効果を狙いました。
次にグレーやブルーや黄色やブラウンのカラーフィルターをかけて、ベースの色の複雑さや深みをだしました。そしてグレーやブラウンのディーテールウォッシュを入れ、オイルペイントも少し使いました。
最後にピグメントやガッシュで味を付けました。
今回は自分の中で作品の仕上がりにはっきりとしたイメージがあり、それを表現するために、塗装をしているときにどのようにして汚れていったか、またそれに伴いモデルに光があたる方向なども気にして仕上げました。
細部にこだわり、いろいろなテクニックを使ったので僕にとって大変な挑戦でしたが、出来上がった時に複雑過ぎずバランスが取れるようにがんばりました。
皆さんが僕の作品を楽しんでいただけたら、うれしいです。^^
 
From the complexity of my last project, the Sie Kommen Diorama, I wanted to scale back and concentrate more on one simple piece to improve my intensity of detail painting. I wanted to paint a basic figure, in this case a Polar Bear, with a complicated scheme with the best of my ability and use all of the techniques and skills I have learnt in my figure painting and Maschinen modeling career. The concept is an early winter camouflage scheme operating in an area before snows have really started falling so there is a great deal of dirt and mud in the environment. So a nice color gradient from white to dark brown off-set with blue markings. Starting with Lacquer paints, I built up the base colors moving from dark red browns, to greens to finally off-white and white, then layered enamel paints and finally acrylics on the brightest highlights to the top of the figure to achieve a zenithal light source. Color filters have been applied with grays, blues, yellows and browns, pin-washes of grey, browns and black brown have been applied to accentuate details and then oil paints were used for further colorations. Lastly pigments and gouache paints for further layers, color modification and details have been added. Throughout this process of adding color to the model, I have been mindful to use these processes to weather, age and damage the finish and to simulate paint chipping, rust, dirt, oil and so on as well as keeping harmony with the light sources effect. It's a very complicated finish for me and I tried as best to fit as many kinds of techniques and processes into a small area without overloading the essence of the beauty of the figure itself, the AFS Polar Bear.
I hope you enjoy the pictures.













参加者からのコメント
ウェザリングが非常に上手く関心しました。
細部まで汚しの表現が丁寧に作られています。
細部の塗装がスゴイ!
使い込まれたウエザリングの表現がお見事!
質感の表現が見事で、手首だけで見せ場になるくらい完成度が高いと思います。フィギュアの塗りも巧みでパイロットの疲れ具合と煤けてくたびれた機体が上手く馴染んで説得力のカタマリの様です。
文句なしにウマイです。フィギュアヘッドのキース・リチャーズのような顔のしわがすごくイカス!
フィギュアの塗りがすごいです。もちろんスーツの方も上手く、アップの写真を見てもアラがないです。
塗装の情報量がすごいですね。
少々くどい位のウェザリングですが、とても模型映えして格好いい。フィギュアの表情も良いです。
この仕上げ方、カッコイイ〜。重たさと冷たさが伝わってきます。
I am overall completely thrilled with the paint work on these models. They spring to life!
錆の表現が素晴らしい、汚し塗装なのに綺麗に見えます。
Very impressive model. Excellent paint work and weathering. The tonal variations make this model very interesting and pleasing to look at. The greens and browns bland in nicely, but it still looks like a winter camo. The face has a lot of character and is very well painted. The close up of the hand and the face really sell the model.
I really love the way these models are painted and photograph
1つの作品にじっくり取り組んだのが伝わって来ます。AFSもじっくり作れば素晴らしい作品になるのだ、という模範的作品だと思います。


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO